香港のMTR北環状線は、1kmあたりの建設費が58億円!?


中国の香港は、MTRの路線が縦横無尽に走り、錦上路項目様々な商業地区やホステル街をシームレスに結び、オレンジが見た中で最も簡単に素早く移動できる地域の一つです。
そして、この接続の良いMTR駅のインターネットは今日も拡大し、増加している・・・鉄道開発戦略2014に基づき、ノーザンリンク、トンチョンウエストエステンション、トゥエンムンサウスエステンションなど、7つの新しい鉄道路線プロジェクトが割り当てを待っている。

中国香港交通住宅局は昨日(12月16日)、行政府の首席行政官会議と総会は、政府部門に香港MTRを招待し、北外輪線新プロジェクトのマスタープランと設計案を実施する許可を与えたと発表した。

第1期工事は、Lok Ma Chauで本線にKwu Tung駅を追加し、2023年に着工、2027年に完成予定、第2期工事は、Kam Sheung Road駅とKwu Tung駅間にノースリンクの本線、San Tin、Ngau Tam Mei、Au Tauの3つの中間駅を設け、2025年に着工、2034年に完成予定となっています。
中国・香港にまたMTRの路線ができるのはいいことだが、その費用はショックだ...。

交通住宅局は、ノーザンリンク1期と2期の建設費用の見積もりをそれぞれ約35億元(元、同)、585億元(同)とし、620億元(同)にする意向だそうです これは、2014年の「鉄道発展戦略」で見積もられた230億人民元の1.7倍という大幅な増加です。
ノーザンリンクの総延長は10.7キロメートル、つまり1キロメートルあたりの建設費は58億人民元、なんということでしょう。